当ブログ「ななさき」はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ゲームレビュー・評価

2022年にプレイしたオススメできるおもしろいゲームまとめ

2022年にプレイしたオススメできるおもしろいゲームまとめ

今年ももう終わりですね。

今回は2022に自分がプレイしたゲームの中で、おもしろくてオススメできるゲームを紹介します。

本当はレビューしたゲームで厳選したかったんだけど、レビューできてないのもあるので諸々紹介だ!

こちらもチェック

あなたのPlayStation 2022
オレだけのプレイ時間だぜ あなたのPlayStation 2022で今年を振り返ろう

まずはレビューしたゲームの中から厳選

デモンズソウル:PS5 Demon's Souls

Sランク(神作)

Demon's Souls(デモンズソウル) 評価・レビュー・感想
PS5版デモンズソウル クリア後レビュー これは神ゲー 誓ってもいい

PS5を購入した理由の1つでもあるゲーム。

PS3版デモンズソウルのリメイク作品で、ストーリーやステージもほぼ同じ。リメイクならではのオリジナル要素というものはないです。

ただ、PS5によって向上した圧巻のグラフィックとロードの速さで、また違った面白さが出ています。

デモンズソウル未プレイならオススメですね。

フロストパンク:Frostpunk

Aランク(傑作)

人の知恵で自然に打ち勝つ フロストパンク(Frostpunk) 評価・レビュー・感想

前からセールで見かけては気になっていた作品。

極寒の地で都市を建設し、生き残るというサバイバル・ストラテジーゲームです。

今までプレイしたストラテジーとはまた一味違った設定で、かなり新鮮味を感じました。

近々、続編となるフロストパンク2の発売が予定されています。

Steam:フロストパンク2
Steam:フロストパンク2

store.steampowered.com

エースコンバット7:ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN

Sランク(神作)

大空の英雄になれ! ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN 評価・レビュー・感想

厳密にいうと2022年プレイではないものの、レビューしたのは2022年ということで紹介。

エースコンバットシリーズ、12年ぶりの新作。

グラフィックが良ければ面白くなるゲームは単純ではないと思いますが、本作に関してはリアルになればなるほど面白いシリーズです。

発売当時はグラフィック最高傑作と呼んでも過言じゃないレベルの作品だったと記憶しています。

エンダーリリーズ:ENDER LILIES

Sランク(神作)

すべて完璧と言わざるを得ない ENDER LILIES(エンダーリリーズ) 評価・レビュー・感想

2D横スクアクションゲーム。メトロイドヴァニアでソウルライクな一作。

自分こういうアクションゲームに最近、ほんとにハマってて結構漁ってます。

最初はたしかSteamで見かけて、買おうと思って忘れてるうちにいつの間にかPS4やSwitchに出てました。出世したもんだ!

ストーリーもクリアするだけでほぼ補完できるので初心者向けです。あと、ゲーム内音楽が切ない系メロディでオシャレです。

DEEMO好きなら本作のBGMも好きそう。

今年購入してクリアしたゲームから厳選

あなたのPlayStation 2022
出典:あなたのPlayStation 2022

エアプじゃないよという言い訳がてら貼られる証拠画像

エルデンリング:ELDEN RING

おそらく今年一番やり込んだゲームです。

ぶっちゃけ今年のベストはこれ! プレイしたことないなら絶対やって!

あのソウルシリーズの最新作ですが、まだ人口いるし、呼べるNPC増えたから今までクリアできなかった人でもワンチャンあるかも?

地球防衛軍6

子供の頃から好きなシリーズです。

たしかゲームショップの片隅にシンプルシリーズとして置いてあって、その頃から好きですね。

シリーズ最新作ですが、ストーリー的には地球防衛軍5と繋がってる感があるのでできれば5をクリアしてからプレイしてほしい。

Hades

ローグライクで上から視点のダンジョンアドベンチャー。

どれだけローグライク好きなのって話になりますが、これめちゃくちゃ完成度高いんでぜひやってほしいです。

ギリシャ神話を基に作られていて、各キャラのやり取りが頻繁にあるのでストーリー的意味でも楽しめますよ。

さいごに

以上が自分が2022年にレビューしたゲームとクリアしたゲームの厳選紹介まとめでした。

完成度が高いものしか選んでいないので、どれを買ってもかなり楽しめるはずですよ。

正月休みにプレイするゲームの参考になればいいなあと思ってます。

それではよいお年を!

  • この記事を書いた人
お茶目な「ななさき」

ななさき

年間プレイ時間1000時間、毎月新作を1本はプレイする生粋のゲーマー。 ゲームレビューとゲーミングデバイスの使い心地を発信するブログ「ななさき」の運営者。

-ゲームレビュー・評価
-, , ,