Mortal Shell(モータルシェル)ゲームレビュー・評価

Mortal Shell(モータルシェル) Published by EXNOA LLC. © 2020, Playstack and Cold Symmetry, all rights reserved.

ゲーム 記事一覧 評価・レビュー・感想

Mortal Shell レビュー とにかく硬い憑依系ソウルライク主人公

『Mortal Shell(モータルシェル)』の評価・レビューです。

グラフィックに優れ、アクションも独特のシステムを導入している味があるソウルライクゲームでした。

Mortal Shell(モータルシェル)ゲームレビュー・評価

クリア時間:約10時間
ゲーム評価:Cランク(自分には合わなかった)

  • 硬化システムという無敵技により、ゴリゴリインファイトでのアクションが楽しめる
  • インディーズ作品としてはグラフィックの質が高い。他の作品と比べて評価できるポイント
  • ストーリーが難解でかつ、ビルド構築の幅が狭い点が少し気になる点ではある
  • 戦闘面とグラフィックはよくできているので、とにかくソウルライクアクションがしたい人にはオススメ
開発元Cold Symmetry
発売元Playstack
発売日2020年8月18日
対応機種PlayStation 4(5)・Nintendo Switch・PC(Steam)
ゲームジャンルアクションRPG、ソウルライク、ダークファンタジー
公式サイトMortal Shell公式サイト

アクションとグラフィックはすごい評価できる

でもストーリー重視のななさきには合いませんでした

Mortal Shell(モータルシェル)とは:ソウルライクアクションRPG

Mortal Shellは、あなたの精神力と適応力を試す、奥深く容赦のないアクションRPGだ。人類の文明が退廃し、遺跡には血に餓えた敵が跋扈している。敵に慈悲はなく、生き残るには卓越した観察力、正確性、そして本能が求められる。敬虔な信徒の秘密の聖地を追い、本当の目的を暴こう。

引用元:Mortal Shell | Playstation.Store

モータルシェルは3DアクションRPGのソウルライクゲームです。

本作は美麗なグラフィックと独特の戦闘システムが特徴で、インディーズとしてはかなりの完成度を誇るゲームと言えるでしょう。

ソウルライク解説記事

ソウルライクゲームとは
ソウルライクとは ソウルシリーズ由来の高難易度ゲームジャンル

おもしろかった・よかったところ

ゴリゴリのインファイトが楽しめる:硬化システムが最高

Mortal Shell(モータルシェル)のアクション

まずはこちらのプレイ画像(gif)をご覧ください。

本作はかなり軽快に動くことができ、インディーズ作品としては素直にすごいなというのが第一印象です。

また、戦闘システムが独特でガードがありません。

ソウルライクではよくある「回避」と「パリィ」のみです。

代わりに導入されているのが「硬化」というシステム(敵の初撃を硬化で受けています)。

硬化は一時的に動けなくなる代わりに主人公が硬くなり、ほぼすべての攻撃を耐えられる言わば無敵技です。

この硬化が独特で、かなり戦闘での無茶が効きます。

インファイトを楽しめるのが本作の良いところです。

とにかく相手に切りかかり、ヤバい大技は硬化してそれ以外は回避。

たまにアクションも挟むというプレイをしていますが、硬化のおかげでかなり戦闘は楽です。

硬化でゴリ押しできるので、ガンガン攻めてオレのプレイうめえ~的な遊びが楽しめました。

ポイント

  • ガードの代わりに「硬化」が導入されています。
  • 硬化は言ってしまえば無敵技で、これにより戦闘でのゴリ押しができインファイトを楽しめます。
  • それ以外にも回避やパリィといったソウルライク系統のアクションは揃ってます。
Mortal Shell(モータルシェル)の硬化

硬化はいつでもできる=モーションキャンセル可能

いつでもできるからのゴリゴリのインファイト最高!

上質なグラフィックがもたらす陰鬱な世界観

モータルシェルはインディーズの少人数で作った作品とは思えないほど、グラフィックがよくできています。

他のインディーズソウルライク作品ではアニメ調の2D横スクが多く、3Dの作品でもグラフィック面では難がある作品が多いです。

ただ、このモータルシェルは3Dソウルライク作品としては群を抜いてグラフィックはよくできています。

陰鬱な世界観をグラフィックだけでよく表現できており、ことグラフィックに関しては文句を付けるところはないですね。

ポイント

  • インディーズソウルライク作品としては、一番グラフィックが優れているのでは(3D作品として)

気になった・悪かったところ

主人公に愛着が湧かないし、ストーリーは難解:過去の英雄に憑依するシステム

この白い筋だらけの硬そうなのが主人公です。

このゲームでは憑依システムがあり、志半ばで倒れた英雄の死体を乗っ取り動かせます=ゲームとしては体力が多くなったりスタミナが増えたり、その英雄ならではの技が使えます。

ゲームで主人公を強化、というよりは乗っ取っている英雄の身体を強化できるのですが、それをすると英雄の記憶がフレーバーテキストとして思い出します。

その割にはゲーム上でのストーリーではあまり主人公自身の掘り下げがありません。

かたや乗っ取っている英雄の死体は強化するほど記憶が蘇る=フレーバーテキストが増えるため、そちらへの理解は深まっていきます。

ああこの英雄はこんな苦しい想いを胸に秘めて戦ったのか、大変だなみたいな感じです。

本来の主人公である白い身体の何かは全くよくわからんままストーリーが進んでいきます。

なぜ憑依できるのか、何がしたいのか全然分かりません。

結局のところ、この主人公なんだこいつとなったままラスボスを倒してゲームをクリアしてしまいました。

というか全体的にストーリーが難解すぎてクリアしてもさっぱり分かりませんでした。

海外の作品だと宗教的教養が前提となるストーリーはよくあるので、それがない自分にはよく理解できていないのかもしれません。

何かの儀式か何かをしたら、世界が終わりのない地獄みたいになって、みんなその中で苦しんでいるストーリー......なのかな!?

こいつストーリー何もわかってねえな

分かってたらこんなこと書きませんからね

憑依する英雄を鍛えるという強化要素:ビルドの幅は狭くなる

先ほどの憑依システムと関連しますが、モータルシェルはダークソウルのようなスキルポイントを振っていく強化システムではありません。

各英雄の身体に応じたステータスやスキルがあり、英雄ごとのスキルをポイントを溜めて解放してシステムとなります。

画像の通り主人公は「体力が低く、スタミナが多い」というピーキーなステータスをしています。

英雄の身体は体力スタミナ共に普通という万能型、主人公と逆で体力が多くスタミナが少ないなど色々な特徴があります。

英雄ごとのステータス変化はいいのですが、スキルはあくまで解放性かつ解放するシステムがどんなものかが事前に分かるため、先が見えており、ビルドを自分でカスタマイズするという楽しみが薄いです。

ただ、ここは好みの違いが大きいですね。

ぶっちゃけ決まったスキルを解放していくシステム=自由なスキル振りと異なり確実に強くなれるシステムであるため、そういうのが好きな人もいると思います。

ななさき的には体力が多い英雄が好き

使いやすいからですね
スタミナは飾りです

回復アイテムは買うか拾うかしかない

Mortal Shell(モータルシェル)の回復アイテム

モータルシェルには回復アイテムはあるのですが、拠点に戻れば自動で残量が回復するアイテムはありません。

ソウルシリーズでいうエスト瓶などはないわけです。

回復アイテムには種類が色々ありますが、買うか拾うかの二択です。

その中でもメインとなるアイテムは画像のようにそこら辺で生えているキノコです。

これは一度取るとなくなり、一定時間が経つと同じ場所でまた拾えます。

モータルシェルで軽く検索すると出てきますが、5分に一度拾えるから回収しよう的なアドバイスが多いですね。

なぜ回復アイテムが欲しいだけなのに、拾い集めなければいけないのでしょうか、いまどき。

そういう作業をゲームでしたくない自分はパリィでゲームを進めていました(一部パリィは回復できる効果がある)。

回復アイテムを集めるのに何かしらの作業をしたくない

昔からゲーム内作業嫌いですもんね

PSゲームカタログやXbox Game Passで実質無料プレイ

モータルシェルですが、レビュー時点ではPSPlusエクストラから利用可能なゲームカタログやXbox Game Pass Ultimate でのクラウド対応ゲームとなっています。

どちらかに入っているプレイヤーであれば、実質無料でプレイできるわけですね。

一応本作はDLCもあるのですが、Xboxの方はDLCまで込みでプレイできるようです。

かたやPSPlusではPS4版でDLCもなしのようですが、今後プレイ可能となるかもしれません。

最近はサブスクでゲームをお得にプレイできるのでいい時代ですね。

さいごに:アクションはいいし、ちょっとしたネタもおもしろい

Mortal Shell(モータルシェル)のまとめ

以上がモータルシェルのクリア後レビューとなります。

アクションやグラフィック等は結構よかったのですが、ストーリー重視派の自分とはちょっと相性が良くないゲームでした。

また話は変わりますが、ゲーム中でちょっとした小ネタがあって。

やたらとでかい聖杯持ち上げて飲み干しぶっ倒れたり、こんな世界でやってられねえとNPCとのんびりスローライフしたりと、ちょっとした小ネタが自分としてはちょっと好きでした。

アクションに関しては普通によい出来なので、サクッとクリアできる死にゲー探してる人にはいいかもしれませんね。

最後に一言。

ゲーム中で弾ける曲かっこよすぎ。

こんな人にオススメ

  • ソウルライク、死にゲーが好きな人
  • ダークファンタジーな世界観が好きな人
  • サクッとクリアできて、歯応えがある戦闘をしたい人

ソウルライクのオススメ11選

ソウルライクのオススメ11選
ソウルライクのオススメ11選! 死にゲー好きよ、集え

Mortal Shell(モータルシェル)
Published by EXNOA LLC. © 2020, Playstack and Cold Symmetry, all rights reserved.

  • この記事を書いた人

ななさき

ゲームレビューやガジェット情報を中心に発信しています。面白いゲームを紹介していきたいゲーム大好きブログです。 最近はシナリオライターや作家として活動したいので応募しようかと思う日々。

-ゲーム, 記事一覧, 評価・レビュー・感想
-, , , , , , , ,