ガジェット関連 ゲーム

【ゲーム実況用の機材買いました】超PayPay祭で購入したもの紹介

【ゲーム実況用の機材買いました】超PayPay祭で購入したもの紹介

 おいすー、どうもななさきです。
 今回は「超PayPay祭」で購入したものを紹介していきます。
 ゲーム実況を始めたいと思っているので、ゲーム実況用の機材を購入しました。

 普通に買うと総額約6万円となりますが、PayPayの還元などにより実質約4万円で購入することができ、とてもお得でした。またこのように還元キャンペーンが開催されたら積極的にPayPayを使っていきたいですね。
 ちなみに、「ペイペイジャンボ」は3等すら1回も当たりませんでした。悲しいです。

 それでは購入した商品を紹介していきます。

AVerMedia TECHNOLOGIES ゲームキャプチャー GC553

 まず最初がこちら。ゲーム実況用のキャプチャーボードです。
 キャプチャーボードは簡単にいうとゲーム機の映像や音声をPCに取り込むための機材です。これを使うことでゲームのプレイ画面を録画することができます。

 キャプチャーボードを購入するにあたって、同じく「AVerMedia」の「GC550 PLUS」と悩みましたが、PS5が当たったことでより高性能なこちらの「GC553」に決めました。

 この商品は外付けの中では最上位のキャプチャーボードで、4K/30fpsおよび1080p/120fpsの高画質録画、4K/60fps HDRパススルーに対応しています。

 コスパで選ぶなら「GC550 PLUS」、性能で選ぶなら「GC553」という感じでしょうか。
 ちなみに内蔵できるキャプチャーボードもあるのですが、それはPCに取りつけるのが個人的に面倒だったので買うのはやめました。



audio-technica サイドアドレスマイクロフォン AT2035

 次がこちら。ゲーム実況用のマイクです。
 マイクに関しては予算2万円でいろいろと調べた結果、このマイクにしました。

 ゲーム実況用のおすすめマイクで調べるとUSBマイクのおすすめが多く、最初は「HyperX QuadCast」や「マランツプロ 888M」「Blue Microphones Yeti」などを購入しようかなとも思いました。しかし「Steinberg UR12」というオーディオインターフェイスを持っているので思いなおして、こちらのマイクにしました。

 購入した理由としては予算2万円のマイクの中では評判がよかったことと、ショックマウント付きだったことの2点となります。

 なかなか評判はいいので今から届くのが楽しみです。



GRANPRO マイクスタンド6点セット

 次はこちらです。先ほどのマイクを机に固定するためのマイクスタンドなどが6点まとめられたセット商品です。

 先ほど購入したマイクにはポップガードがついていないので、ポップガードもついているこちらの製品にしました。とてもコスパがいい商品らしく、「Amazon's Choice」にも選ばれています。

 ただ、個人的にはこの価格帯ならどのマイクスタンドでも変わらないんじゃないかとは思います。



Hosa HMIC-005 1.5m XLRオス-メス マイクケーブル

 次はこちらです。マイクをオーディオインターフェイスに接続するためのマイクケーブルです。
 この商品は単純に安くて、評判が悪くないものを選んだだけなのでそこまで深い理由があって購入したわけではないです。
 評判を見て、無難な商品を選びました。



アイリスオーヤマ フリーデスク(W1000xD500mm) ホワイト FDK-100

 ゲーム実況とは関係ないですが、作業用のデスクが欲しかったのでこちらの商品を購入しました。
 安い割にしっかりとしていて、いい商品だと思います。

 開封レビューの記事も書いているので、詳細はそちらを参照してください。

【安かったので】アイリスオーヤマのフリーデスクを開封レビュー【買ってみた】

続きを見る



さいごに

 以上が超PayPay祭で購入した商品です。
 普通に買うと総額約6万円となるところですが、PayPayの還元などにより、実質約4万円で購入することができました。このようなキャンペーンがあるときは積極的にPayPayを活用していきたいですね。

 まだすべての商品が届いていないので開封レビュー記事の作成やゲーム実況は始められていないですが、届き次第記事を作成するのでお楽しみに。

-ガジェット関連, ゲーム
-