当ブログ「ななさき」はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

買ってよかったモノ

【買ってみた】PCデスク用のスピーカーはEdifierのMR4さえあればもう十分

【買ってみた】PCデスク用のスピーカーはEdifierのMR4さえあればもう十分

今までそこら辺の家電量販店で売っていた数千円のスピーカーを買って使っていた庶民派なななさき。

ここ最近デスク環境を更新しているのもあって、まったく困っていなかったもののスピーカーも更新しちゃいました。

全然困ってなかったけど、ネ!

じゃあなんで買ったんですか

今回購入したのは適当に検索したらコスパ良好で有名なEdifierの「MR4」!

1万円くらいの価格帯なら一番いいとの評判通り、文句なしの性能でした。要は音質に不満とかはないってこと!

これ以上の音質求めると普通に10万円とか当たり前になるみたいだし、多くの人にとってスピーカーってのはそこまでこだわらなくてもいいので、ちょっぴりいいスピーカー欲しいなって人にはおすすめの一品でした。

ホワイトカラーがおしゃれで買っている人も多いよ!

ここがすごいぞ「Edifier MR4」

タイトルでここがすごいぞ、なんて書いておいてあれなんですが、別にスピーカーに詳しいわけじゃないので計測とかしてないです。

ただPCデスクでの使用=YouTube視聴やゲームプレイとかでの使用において、

・クリアな音を

・ノイズなしで

・それなりの大音量

で流してくれます。日常使用の範疇なら正直、上3点抑えてたら十分でしょう。

そしてこれらを兼ね備えて1~2万円で購入できるというのがポイント。高コスパ=正義なのです。

それ以上を求めるならもっとガチガチに調べて、高級スピーカー買うしかない!

数千円で購入できるスピーカーよりは断然上でした
これは明らかに体感で分かります

ポイント

  • 2.54cmシルクドームトゥイーターと4インチダイアフラムウーファーによる高音質
  • TRS、RCA、Aux、ヘッドホン出力等の複数の接続方法に対応
    モニターにもそのまま繋げます
  • 通常スピーカーとしてのミュージックモードのほかに、音楽活動のためのモニタースピーカーモードも搭載
  • 価格面と性能を考慮すると、同価格帯でのベスト商品でコスパ良好

MR4を開封してみた

Amazonから届いたとき(外箱の見た目)

外箱はこんな感じで来ます。普通の段ボールです。

正面にあるのが32インチモニターなので、包装としては結構大きめです。

スピーカーの外観や付属品

中身としては、

・スピーカー2個(メイン、サブの右左)

・取扱説明書

・オーディオケーブル、スピーカー同士を接続するケーブル

中身はこんな感じ!

裏側はこんな感じです。RCAとTRS端子が付いています。

付属のケーブルをそのままモニター等のオーディオ端子に接続するだけなので簡単です。

ただ、付属ケーブルとしてRCA-RCAの端子は付いていないので、オーディオインターフェースを使っている人はケーブルを別途用意しておく必要あり。

ななさきはオーディオインターフェース接続用にRCAケーブルを別途購入しました

Steinberg UR12を使っています

正面はこんな感じです。

ヘッドホン接続端子とAUX端子が付いています(画像だと見切れていますが、ヘッドホン端子の左側にAUX端子)。

ボリュームはスピーカー本体側でも調節できますが、見た目に反してカチカチと段階を踏んで調節するタイプのつまみでした。

また、ななさきは使いませんが普通のスピーカーモードのほか、音楽活動用のモニタースピーカーとしてもボタンを押せば使用できるようです。

いたってシンプルな仕様だよ

実際に接続してみた(サイズは結構大きめ)

実際に接続するとこんな感じです。モニターが32インチのモニターなので、たぶんイメージよりも大きめのサイズになります。

ただその分大音量をノイズなく出せるので、安物のスピーカーにあるような無理してる感がなくなり、個人的には満足しています。

ななさきはめちゃくちゃ適当に置いていますが、より上質な音を求めるならスピーカースタンドを購入して、耳の位置に音が来るようにするともっといい音に聞こえるんだとか。

音にこだわりがある人はやってみて

ななさきはこだわりがないので、スタンドまでは購入していません

まとめ

今回はEdifierのスピーカー「MR4」の簡単な開封レビューでした。

数千円の格安スピーカーよりも上質な体験を提供してくれるので、ちょっとスピーカーの性能ワンランク上げてみたいなって人は試してみてください。

PCデスクでの動画視聴やゲームプレイだったら、ななさき的にはこれで十分満足できるなと思ったのでおすすめですよ。

ポイント

  • 2.54cmシルクドームトゥイーターと4インチダイアフラムウーファーによる高音質
  • TRS、RCA、Aux、ヘッドホン出力等の複数の接続方法に対応
    モニターにもそのまま繋げます
  • 通常スピーカーとしてのミュージックモードのほかに、音楽活動のためのモニタースピーカーモードも搭載
  • 価格面と性能を考慮すると、同価格帯でのベスト商品でコスパ良好
  • この記事を書いた人
お茶目な「ななさき」

ななさき

年間プレイ時間1000時間、毎月新作を1本はプレイする生粋のゲーマー。 ゲームレビューとゲーミングデバイスの使い心地を発信するブログ「ななさき」の運営者。

-買ってよかったモノ
-