ライフハック 仮想通貨・暗号資産

【エアドロップ】まだ間に合う XVS保有でVRTが貰える【Venus】

2021年5月7日

【エアドロップ】まだ間に合う XVS保有でVRTが貰える【Venus】

 お疲れ様です。ななさきです。
 今回は、VRTのエアドロップについて紹介していきます。

VRTのエアドロップについて

ポイント

・1XVS=1,000VRTのエアドロップ
・スナップショット:2021年5月15日 
・ブロック番号:7479562
・配布開始:2021年5月17日
・配布終了:2021年5月24日

 上記のとおりです。エアドロップ条件としては1XVS以上の保有だけ(最初は1XVS以上だったはずなのですが、上記を確認すると0.01XVS以上でも大丈夫かもしれません)。そのため、今からXVSを購入しても間に合うはずです。
 また、10XVSごとに1NFTももらえるそうなので、こちらも欲しい人はウォレットでXVSを保有しておく必要があります。取引所での所有は対象外のようです。

 ちなみに、自分はSafePal上で保有しています。

 また、XVSの売却を考えている人は時間になったらすぐXVSを移動させたり売ったりせずに、しっかりと公式のアナウンス(スナップショット完了など)を確認してからにしましょう。

 自分も公式のアナウンスがあるまでは何もせずウォレットに置いておくつもりです。



そもそもVenusやXVSとは何か

 「Venus Protocol(略称:Venus)」は簡単に言ってしまえば、仮想通貨の貸し借りができるサービスです。
 自分が持っている仮想通貨を貸すことで利息が貰えたり、自分が持っている仮想通貨を担保にすることで仮想通貨を借りたりすることができます。

 さて、現在仮想通貨をこのVenusで貸しているとXVSが報酬で貰えるのですが、このXVSはガバナンストークン(今後の方針についての投票権のようなもの)となります。

 VRTを新しく作る狙いとしては、このVRTをインセンティブトークンとすることでXVSの供給量を減らして、よりガバナンス運営を安定化させるためとのこと。

 これにより、XVSの希少性が高まっていくのでもしかしたら今よりも価格が上昇するかもしれませんね。



さいごに

 ただ保有しているだけで貰えるので個人的に熱いエアドロップです。
 こういった無料エアドロップに参加して、コツコツと資産を増やしていきたいです。

 なお、このエアドロップに限らずですが、投資はすべて自己責任、余裕資金での運用をお願いします。また、XVSの購入およびVRTのエアドロップにあたって、一度は上記公式の説明などの確認をおすすめします。

 

-ライフハック, 仮想通貨・暗号資産
-