GameFi ゲーム ライフハック 仮想通貨・暗号資産

『CryptoBlades』始め方・攻略情報・よくある質問等いろいろまとめました

 (常に色々と変更されて、書くことも多く、記事作成が追いつかないので一旦暫定で公開します。特に数値関係は頻繁に変更されていて、記載の数値が現在の状況と合っていないこともありますがご了承ください。随時更新していきます)

 今回は最近人気が出てきたブロックチェーンゲーム『CryptoBlades』の始め方を解説していきます。
 前提として仮想通貨を使ったことがある人(メタマスクが使える人)向けの記事となります。

 トークンやNFT暴落のリスクがありますので始める前にしっかりと公式情報なども確認しましょう。投資は自己責任でお願いします。

『CryptoBlades』とは

 最近ブロックチェーンゲーム『Axie Infinity』の人気がすごいですが、それに関連してかはわかりませんが、「Riveted Games LLC」のブロックチェーンゲームである『CryptoBlades』も最近急に人気が出てきました。
 
 ちなみにブロックチェーンゲームとは、仮想通貨に使われている技術であるブロックチェーンを活用したゲームのことです。正直、自分は技術面には詳しくないので、仮想通貨を活用してユーザー同士が自由にキャラ等を売買できるゲームという認識でしかないです。

 ゲームはBSC上で動いており、ゲーム用トークンである「SKILL」とガス代となる「BNB」があればプレイできます。

 ゲーム内容としては、自分で作成したキャラクターで戦闘を行い、その報酬としてSKILLを得ます。同じキャラクターで戦闘を重ねるほどレベルアップしていき、より多くの報酬を得ることができます。また、作成したキャラクターや武器をユーザー同士で交換することでもSKILLを得ることができ、このSKILLは他の仮想通貨と交換することができます。

 自分のアカウントだと普通に戦闘して1日に8SKILLは稼ぐことができる状態です。ガス代を引いても結構な利益が出ています(獲得報酬には常に修正が入り調整されており、今のところどんどん減っています。ただ、その分SKILLの価格が上がっているので利益は今のところ変わりないですね、むしろ増えているときもあります)。
 依然報酬は下がり傾向です。どうしても爆発的に人口が増えたので初期と同じほど貰える状況ではないですね。ただ、後述しますが運営側も報酬の減少は認識していて、レイドバトルやPvP、キャラクターバーンの仕組み等を作って報酬の増加を図るそうです。
 BCGのユーザー数としては記事更新時点でとても多くほぼトップ(実際はサブ垢が多そう)なので、一度ゲームとして完成すればある程度の報酬は期待できるかなと個人的には考えています(ユーザー数についてはDappRadarを参照しています)「MVBII」にも当選したので知名度と人口があるうちに運営が盤石な体制を作ることができるかで今後の展開は大きく変わってきそうですね。



ゲームの内容について

 ゲームの内容は上にも書いたようにキャラ育成・武器作成、戦闘、キャラや武器の売買がメインとなっています。それぞれの項目ごとに分けて説明していきます。

 ちなみにゲーム自体は昔のモバイルゲームみたいなクオリティで、自分は面白いところもあると思いますが今のところ多くの人に不評です。今時のゲームではないので仕方ないところもあるのかもしれません。



キャラクターについて

 下が実際のゲーム画面です。この画面の詳細については次の項目で説明していますのでそちらをご覧ください。
 IDは隠していますが、自分が所持している4体のキャラを表示してみました。

 キャラクターの作成費用はよく変わります。現在は約0.48SKILLで作成可能です。SKILL価格の変動に合わせて作成費用も同じように変動します。基本的にはSKILL価格が上がればキャラクター作成費用は下がり、SKILL価格が下がればキャラクター作成費用は上がります。後述の武器も同様です。

 この作成費用についてですが、運営としてはSKILLの価格にかかわらず常に一定額で作成できるようにする調整を考えているそうです。
 例えば、現在0.5SKILLでキャラが1体作れるとして、SKILLの価格が2倍になれば作成費用を半分の0.25SKILLで作れるようにするということです。このような調整を行うと常にプレイヤー側としては作成費用が一定額となります。
 なお、現在はそのためか約16$相当で作れます。基本的には今後も似たような価格で作れるのではと考えています。
(参考:BSC News Livestream - CryptoBlades Joins BSCNews to Discuss the Play-to-Earn Ecosystem 16:22~18:00付近 下記に埋め込み)

 キャラクターにはそれぞれ属性とレベルがあります。
 戦闘を重ねて経験値を得ることでレベルアップすることができ、このレベルが増えるとより強い敵と戦いより多くの報酬(SKILL)を得ることができます。
 キャラクターの属性は武器と併せて、戦闘の際の勝率に影響してきます。

 下のキャラクターはそれぞれ種類が異なりますが、現状キャラクターの種類ごとの違いはイラスト以外にはなさそうです。ここは今後アプデで変わってくると思います。

 基本的には5SKILLで1体作成することができ、1アカウントで最大4体所持することができます(キャラ作成費用は頻繁に変更されているので、実際にはサイト上で確認してください。現在は約1.73SKILL)。とか書いてたら、約1.5SKILLに下がりました。また、初回作成時のSKILLボーナスが30$分から1SKILLと変更になりました。ただ、1SKILLボーナスとありますが実際に支給されるのは現在約0.8SKILLです。また、このキャラ作成費用ですが、基本的にSKILLの価格が上がるほど下がっていくと考えておけばいいです。
 現在費用は約0.72SKILL、ボーナスは1SKILLほどになりました。
 記事更新時点でSKILL配布のボーナスは終了しています。





個人的には一番左の騎士のイラストがかっこいいです。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



武器について

 下が実際のゲーム画面です。この画面の詳細については次の項目で説明していますのでそちらをご覧ください。IDは隠していますが、自分が所持している武器を表示してみました。

 武器の作成コストもよく変動します。理由としてはキャラクターと同じですが、現在は約0.053SKILLで1つ作成することができます。
 武器には1~5までのレアリティがあり、基本的にはレアリティの高い武器の方がより強い敵と戦うことができるため、多くの報酬を手に入れることができます。
 
 そして、武器の下に表示されている「STR+110」ですがレアリティが高いほど数値が大きく、また数も増えていきます。
 下の画像で説明すると一番右がレアリティ4、それ以外がレアリティ1です。レアリティが高い方は武器として優れているということがわかりますね。

 いらない武器を素材にして武器を強化することもでき、レアリティの高い武器を集めたり、強化したりするのがこのゲームの醍醐味となっています。



星4の武器が出たときは正直嬉しかったです。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



戦闘と報酬について

 下が実際の戦闘画面です。
 武器を選ぶと敵が4体表示され、その中から1体戦う相手を選びます。勝てば報酬が貰え、負ければ報酬なしというシステムです。

 また、2枚目の画像のように各キャラごとにスタミナがあり、0になると戦闘ができません。
 スタミナは最大で200まで溜まり、5分に1ずつ回復していきます。戦闘自体にはスタミナが40必要となるので、1日の戦闘回数は最大で約7回となります。

 報酬は武器とアカウントにもよりますが、だいたい勝てば現在はガス代負けはしない程度に報酬が貰えます。また引き出す際に手数料15%(1日1%ずつ減っていきます)がかかります。15%税を受け入れて引き出すのか、それとも待つのか等の考慮も必要となります。
(自分のアカウント数と質で日数千円程度。最低レベルかつ最低値武器、スタッツ補正を一切入れずに日0.1$程度? 星1最強で0.2$程度? 中くらい程度の星5武器で日0.4$程度? 星5かつキャラLv.21で日約1$程度? となり、キャラと武器次第で結構変わることがわかりますね。報酬を改善するため、新たなゲームモードが開発されています。これが上手くいくかどうかで大きく変わってきそうです)。

 戦闘そのものは単純で敵を選んでガス代(現在は0.0008BNB程度です。表示上は0.0025BNBと表示されますがTx履歴を確認すると実際は違うことが分かります)を払ったら、演出もなく勝敗が表示されて終わりです。昔のモバイルゲームとかを思い出すので、自分は古のゲームと呼んでいます。

 戦闘では敵に勝てるかどうかの目安として下に「Very Likely Victory」「Unlikely Victory」などと表示されます。敵に勝てるかどうかは武器の性能、キャラと武器と敵の属性なども影響してきます。
 負けるとそもそも報酬が貰えないので、勝ちやすい敵を選んで確実に勝利を拾っていくのが不可欠となります。

 また、表示されている敵の「Power」は武器の性能とキャラのレベルが高いほど増えていきます。そして、敵のPowerが高いほど報酬も多くなります(厳密には計算式があります)。



勝つのが大事なので「Very Likely Victory」を選びます。武器や属性によっては負けることもあります。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



スタミナは1回の戦闘で40消費。5分で1回復。最大200まで溜まります。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



キャラクターや武器の売買について

 サイト上にあるマーケットで自分が持っているキャラや武器を売ったり、他の人のものを買ったりできます。表示が重たいときもありますが待っていると基本的には使えます。

 IDが分かれば買うことはできるので、有志のサイト(今は普通にCryptoBlades上で売買している人が多いです。この有志サイトはコストの都合で閉鎖されたようです)やDIscord等を活用してIDを伝えることで皆売買しています。なお、売りに出す際は10%の手数料が足された価格が出品価格となります。

 参考として有志サイトを引用して下に参考として貼っておきます。公式サイトではなく、あくまで有志によるものなので利用にあたっては安全面等注意してください。
→CryptoBlades上でマーケットが表示できるようになったので、基本皆そちらを使っています。ただ、今後また非表示になるかもしれないので参考として記載しておきますね。(有志サイトはコストの都合で閉鎖されたようです)。



現在は不具合で一覧表示ができない状態。とか書いてたら直りました。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



マーケット表示は現在問題ありません。例として武器マーケットを表示してみました。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



ID検索での売買も可能です。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



有志サイトによる一覧表示。公式サイトでの表示も基本はこんな感じです。公式のものではないので注意。
→コストの都合で閉鎖されたようです。
出典:CryptoBlades Tools



その他(Leaderboard、Stake、Portal)

 ・リーダーボード
 →勝利数などの項目ごとに上位の人がサイト上で表示される機能です。やりこみ勢は半端ないです。

勝利数の上位一覧。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



 ・ステーキング
 →この機能を使ってステーキングを行い、SKILLの7日間ロック満了で15%税が0となりそのまま引き出すことができます。また、最初に投入した日から7日間となり、その間追加投入してもこの7日間のロック期間は更新されないので、最初に少額を入れてとりあえず動かしておくと、15%税を回避できるタイミングを7日ごとに作れるということになります。
 リワードをステーキングする際の10%付与ボーナスは現在機能しているそうです。7日後の税免除については現在検証中。期間満了後は無事に税免除で引き出すことができます。ステーキング時の10%ボーナスも考慮すると少額だけ入れてとりあえず動かしておくのは相当利益に響きそうです(なんとツイッターで情報提供をいただきました。ありがとうございました)。
 ステーキング時のSKILLボーナスですが廃止されました。復活するのかどうかは未定です。

ステーキング一覧。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



 ・Portal(WAXウォレット)
 →5SKILL所持していると使えるようになります。この機能を使ってWAXをBNBに変換すると0.5%分BNBが余分に貰えるそうですが使ったことはないので詳細は不明です。使用した場合は、右上の「Balance」や「In-Game-Only Funds」の付近にボーナスBNBを取得できる表示が出てくるそうです。

WAXをBNBに変換する際に0.5%のボーナスがつく(らしいです)。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



実際の始め方(BSCのゲームです)

まずはSKILLを手に入れましょう

 SKILLですが「Ape Swap」で手に入れることができます。「PancakeSwap」でも入手できますがプライスインパクトが大きいです。サイト上のリンクは「Ape Swap」に設定されています。

 キャラクター作成に必要なのは基本的にSKILLは、安くなったり高くなったりしていますが基本的に5SKILLです。現在は約1.731.230.980.72SKILLで作成できます。
 このボーナスは終わって、現在は初回作成時にゲーム内でのみ使用できるSKILLが30$分支給されます。
 このボーナスは変更され、現在は初回作成時にゲーム内でのみ使用できるSKILLが約1SKILL支給されます(実際には100$相当のSKILLが支給されているようなので、その時の価格に合わせて定期的に増減しています)。

(下記は「キャラクターについて」と内容は同じです)
 キャラクターの作成費用はよく変わります。現在は約0.48SKILLで作成可能です。SKILL価格の変動に合わせて作成費用も同じように変動します。基本的にはSKILL価格が上がればキャラクター作成費用は下がり、SKILL価格が下がればキャラクター作成費用は上がります。後述の武器も同様です。

 この作成費用についてですが、運営としてはSKILLの価格にかかわらず常に一定額で作成できるようにする調整を考えているそうです。
 例えば、現在0.5SKILLでキャラが1体作れるとして、SKILLの価格が2倍になれば作成費用を半分の0.25SKILLで作れるようにするということです。このような調整を行うと常にプレイヤー側としては作成費用が一定額となります。
 なお、現在はそのためか約16$相当で作れます。基本的には今後も似たような価格で作れるのではと考えています。



「Ape Swap」等で入手できます。
出典:Ape Swap



SKILLを入手したらキャラクターを作成しましょう

 『CryptoBlades』で実際にキャラクターを作成しましょう。
 左上の「Plaza(画像でオレンジ色で囲われている箇所)」を選択し、真ん中の「Recruit character(以下略)」を選択するとキャラクターが作成できます。

 表示されているSKILLの他にガス代としてBNBが求められます。
 無事作成できたらキャラクターがこのPlaza上に表示されます。属性やキャラクターの種類はランダムなので選択はできません。
 
 また、ボーナスとして初回作成時には30$分のゲーム内でのみ使用可能なSKILLが支給されます。
 このボーナスは変更され、現在は初回作成時にゲーム内でのみ使用できるSKILLが約1SKILL支給されます(実際には100$相当のSKILLが支給されているようなので、その時の価格に合わせて定期的に増減しています)。やっぱり、1SKILL配布のようです。
 記事更新時点でSKILL配布のボーナスは終了しています。



キャラ作成の費用も調整されており、現在は約0.48SKILLで作成できます。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



武器の作り方

 武器についてはキャラクターを作成する際にレアリティ1の武器が一緒に作成されます。
 それよりいい武器が欲しい場合は武器を作成するか買う必要があります。

 武器作成はキャラクター作成と同様に左上の項目で「Blacksmith」を選択し、真ん中に表示されている「Forge sword(以下略)」を選択することで作成できます。これもガス代としてBNBが必要です。

 武器の排出率はレアリティごとに異なり、割合は下記の通りとなります。
 星1 44%
 星2 35%
 星3 15%
 星4 5%
 星5 1%



キャラ作成費用と同様に武器作成費用も安くなりました。現在は約0.053SKILL。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



あとはSKILLを集めるだけ

 あとは上で触れたとおり、戦ったり、武器やキャラを売ったりしてSKILLを集めましょう。
 そのSKILLでさらにキャラや武器を増やしてもいいし、そのまま売ってもいいでしょう。



マーケット売買で稼ぐコツ(編集中。適宜追加していきます)

 参考として一応マーケット売買のコツや注意点を書いておきます。自分はこれを意識して原資100倍を達成しましたが、自分のときとは状況が違うので同じことをしても稼ぐのは不可能です。
 
 ただ、Cryptoblades始めたいなという人が、知識もなくマーケット売買すると損する可能性があるのでここに書いておきます。買う側、売る側のコツを意識してお得にCryptobladesを楽しんでください。



マーケットで買う側として意識すること(編集中)

買う前に現在のキャラ作成費用とSKILLボーナスを確認する記事更新時点でSKILL配布のボーナスは終了しています

 これを確認することでマーケットで売られているキャラや武器が適正価格かどうかが分かります。
 どういうことかというと、マーケットで2.3SKILLでキャラが売られていたとします。作成費用は2.5です。0.2も得だなと思って、買うかもしれません。

 しかし、ここで初回作成時のSKILLボーナスが1とします。そうすると、2.5SKILLでキャラを作ったとき、2体目のキャラは実質1.5SKILLで作成できることになります。2体のキャラを作成するのにかかる費用は4SKILLです。

 つまり、マーケットで2体買うと4.6SKILLかかりますが、自分で2体作ると4SKILLとなり差額分マーケットで買う方が損していることになります。

 逆に言えば、SKILLボーナスを含めたキャラ作成費用よりもマーケットで2体買う方が安いのであれば、マーケットでの購入を検討してもよいということです。

 また、この確認はマーケットで買う前に必ずしておきましょう。
 なぜかというと、キャラ作成費用等は頻繁に変更されているため、自分が知らない間に修正が入っていて、適正価格だと思っていたのが実は高い価格で買ってしまったということになりかねません。

 反対に、売る側のコツで書いておきますが作成費用に修正が入ってすぐに売れば、この変更に気づいていない人に高めに売ることもできるということです。



キャラクターのスタミナの有無

 キャラクターを買う際にですが、スタミナを確認しましょう。スタミナがあればその分、買ってすぐに戦闘を行うことができます。
 そこで例えばですが、スタミナフルとスタミナ0の価格が同価格で売られていたらスタミナフルのキャラが得となりますね。これは価格が違っていても同じことが言えます。
 スタミナの量とコンバット報酬によっては、価格が高くてもコンバット報酬を考慮するとスタミナ0のキャラよりも実質的には安いキャラも売られています。そういうキャラを買うことは戦略の1つでしょう。長期的にみると誤差みたいなものだとは思いますが、短期的には大事になってきます。



経験値について

 買う側のコツとして一番大事かもしれません。これを知っていないと鮫トレされます。
 
 戦闘時の経験値ですが、これはキャラに付与されているようです。これは必ず知っておいてください。
 例えば、レベル1のスタミナ0でレベルアップされていないキャラを買ったとしても、その戦闘分の経験値は一緒に付与されます(表示は少し遅いかもしれません)。

 そのため、レベル1のスタミナ0のキャラとレベル5~8付近(レベル1から5回戦闘するとだいたいこのレベルまでいきます)のキャラの違いはレベルアップしたかしてないかの違いしかありません。レベルアップのガス代分お得かどうか程度です。
 それを知らないままレベルが高いからと割高のキャラを買ってしまうと、単純に損していることになるので注意しましょう。

 現在はこれが広まったのか前より見かけませんが、それでもマーケット上で一部見かけます。
 また、上記とは少し違いますがキャラのレベルにはここまでは上がりやすい、上がりにくいという基準があります。そのため、買うにはコスパが悪いレベル帯もあるので注意しましょう。

(自分ですぐに上げられるようなレベル帯のキャラを買うメリットの話です。1日で上げられるレベルと数日かかるレベルのキャラの価格差があまりないのであれば数日かかる方が高いけど得だよねということです。こうしたレベル上げにかかる時間、コスト、戦闘報酬、SKILL価格等が合わさって、コスパが良いレベル帯、悪いレベル帯ができてきます)



マーケットで売る側として意識すること(編集中)

必ず相場を確認する

 売る前に必ず相場を確認しましょう。買う側の意識で触れたとおり、相場はすぐに変動します。さっきまで1SKILLで売れていたから同じように1SKILLで売ろうとしたりすると損してしまうという事態が発生してしまいます。
 また、属性とスタッツが等が一致している武器やスタッツが高い武器は通常の武器よりも高性能なので高めに売ることができます。安易に安売りするのはやめましょう。
 時間はかかりますが自分の武器と同じようなステータスのものをマーケットで探して、それがどのくらいの価格と時間で売れたかを確認し、自分の中で売却価格の基準を作るとよいでしょう。



事前に戦闘を行っておく

 スタミナの話と関係しますが、基本的には事前に戦闘を行ってから売りに出しましょう。そうしないと単純に戦闘報酬分損することになります。
 何かしらほかのキャラと差をつけるためにスタミナが残った状態で出品するのであればいいです。ただ、特にそういうつもりもないのであれば、そのキャラで得られる報酬にもよりますが事前に戦闘を行っておいた方がよいでしょう。



キャラクターのスタミナの有無

 買う側の意識で触れたとおりですが、あえてスタミナフルの状態でキャラを売ることで付加価値を付けることができます。状況によってはコンバットを行ってから売るよりも高く売れることもあるでしょう。



よくある質問

リセマラでSKILLを稼ぐ方法について(記事更新時点でSKILL配布のボーナスは終了しています。そのため、リセマラは現在行えません)

 現在皆がどのようにSKILLを稼いでいるかの方法を紹介しておきます。
 なお、この方法で確実に稼ぐことができるわけではありません。ご了承ください。

 安定するのはキャラ売りで、利益が大きくなりやすいのは武器売りです。
 基本的には下記の通りですが、相場やSKILLのボーナスによっては立ち回りが変わるので注意が必要です。
 必ず現在の相場等を確認してから行いましょう。

 また、SKILLのボーナス配布がなくなったので安定はしませんが、相場によってはキャラクターや武器作成のマラソンを繰り返してSKILLを集めることは可能です(今は相場的に厳しいとは思います)。実際に行う際はガス代やSKILL引き出し時のTAX等の考慮も必要となってくるでしょう。



キャラクター売りの場合

1.キャラを新規作成する。付与されるSKILLのボーナスでさらに複数体作成する。
2.戦闘を行い、報酬を回収する。
3.マーケットでキャラを売る。
4.新しいアカウントを作成し、1から繰り返す。差額が利益となります。

(応用①)
 2の戦闘をあえて省き、スタミナをフルにした状態で出品することで、他の出品されているキャラクターと差別化することができます。

(応用②)
 2の戦闘で得た経験値でキャラをレベルアップすることで、他の出品されているキャラクターとレベル面での差別化ができます。なお、この経験値ですがどうやらキャラクター自体に付与されているようなので、レベルアップされていないキャラを買うと購入後に経験値が溜まっている分付与されます。
 つまり、だいたいLv.1のスタミナ0のキャラを買った際、併せてLv.5~8くらいに上がる分の経験値は付与されるのです。このLv.5~Lv.8くらいのスタミナ0のキャラが、Lv.1スタミナ0と比較して何がお得なのかというとレベルアップのガス代がいらない程度です。
 その仕様を知らない人はレベルの高い方がお得だと思って買います。自分はやってないですが、そのように差別化して売っているのはマーケット上でよく見かけます。

武器売りの場合

1.キャラを新規作成する。
2.付与されるSKILLのボーナスで武器を複数作成する。
3.戦闘を行い、報酬を回収する。
4.マーケットでキャラと武器を売る。
5.新しいアカウントを作成し、1から繰り返す。差額が利益となります。

(補足)
相場にもよりますがレアリティ星3以降の武器を引けないと損する可能性が高いので、利益を出すには運が絡みます。



マーケットでキャラ等が表示できないときの対応(取引方法や価格変更、出品取下げ等について)

 キャラや武器自体はID検索で表示でき、そこから購入できます。そのため、マーケットが落ちたときに売買するためには互いのキャラや武器のIDが必要となります。そこで、下記のような方法でマーケット売買する人たちはIDを調べています。
 なお、単純にマーケットで買うよりは手間がかかるため、マーケットが落ちているときは多少売れ行きが悪くなります。
 
 1つ目は有志サイトです。ここでは現在のマーケット出品状況をある程度確認でき、今購入している人はそれを使ってIDを確認し、購入している可能性があります。→コストの都合で閉鎖されたようです。

 また、2つ目ですがCryptoblades公式のDIscordにはトレードに関するチャットがあります。そこで自分のキャラや武器等の画像やIDを貼っておくと誰かが買ってくれます。
 それ以外に公式DIscordには、マーケットに出品されたNFTのステータスやIDを表示してくれるチャンネル(bot)も存在しています。→このbotは廃止されました。

 また、このマーケット表示が重い時は一緒に出品した自分のキャラや武器等がID検索をしないと確認できないときもあります(サーチマイ~での出品確認が機能していない)。そうすると価格の変更や出品の取下げができずに困るかもしれません。

 その場合はIDを確認し(確認方法は「ゲーム外でのキャラクターや武器のID確認方法について(BscScanでのID確認方法について」を参照)、「Search NFTs」でIDを検索して左端の「Search ~ ID」を押せば表示されます。その表示されたものを選択すれば右端に価格変更や取り下げの項目が表示されるので、そちらから変更可能です。ちなみにID検索で表示されないのであれば、基本的には売れたと考えてください。

ポイント

・有志サイト(非公式のため、注意):CryptoBlades Tools
・Cryptoblades公式DIscord:ここから(満員で入れないかもしれません)



CBC、CBWという謎トークンがウォレットに追加された。これは何?

 ・CBC=Cryptoblades character
 ・CBW=Cryptoblades weapon
 
 つまり、ゲーム内で自分が所持しているキャラと武器のことです。



ゲーム外でのキャラクターや武器のID確認方法について(BscScanでのID確認方法について)

 キャラクターや武器のIDについてはゲーム上で確認できますが、「BscScan」でも確認は可能です。
 マーケットが落ちているとき、自分が出品されたキャラクターが表示できないことがあるため、この出品したキャラ等を確認するためにはID検索が必要となります。

 そこでその場合に備えて、事前にキャラ等のIDをわざわざ控えておかないといけないのか、という話になるのですがそんなことはありません。トランザクション履歴でIDの確認は可能です。

 下記画像のとおり、BscScanで出品したウォレットのアドレスで検索し、「Erc721 Token Txns」(画像オレンジ色の枠)を選択することで出品したトークンとそのID(画像緑色の枠)を確認できます。
 なお、実際はウォレットアドレスを入力して確認するのではなく、メタマスクのアクティビティから直接確認した方が楽です。

 また、実際に売れたかどうかは「BEP-20 Token Txns」の項目で確認するとある程度一覧表示されているのでわかりやすいです。

ポイント

・キャラクターと武器のID→Erc721 Token Txns
・実際に売れたかどうか→BEP-20 Token Txns



試しにCBCのコントラクトアドレスで検索してみました。
出典:BscScan



キャラクターや武器のマーケットを使わない移動方法について

キャラクターの移動方法

「BscScan」を使います。コントラクトアドレスは念のため、公式サイト等で確認してください。

ポイント

 コントラクトアドレス:0xc6f252c2cdd4087e30608a35c022ce490b58179b
 リンクはここから → 「BscScan(キャラクター)



①BscScanへウォレットを接続します

 まずは上のリンクから飛ぶか、BscScanでコントラクトアドレスを入力してください。念のため正しいアドレスか公式サイト等でも確認しましょう。

 次にウォレットを接続しましょう。
 下の画像、「Connect to Web3」(緑で囲われた箇所)で現在のウォレットと接続できます。
 2回選択してください(2回目選択時に注意点として、この機能はまだ完全じゃない~何かあっても保証できない~等表示されるのでよければOKを押しましょう)。

 そうすると2枚目の画像のようになり、接続しているウォレットのアドレスが表示されます。



緑の印を選択。オレンジ色はトークントラッカー(CBC)。
出典:BscScan



接続時の表示。接続中のウォレットのアドレスが表示される。
出典:BscScan



②送りたいアカウントのアドレス、キャラクターのIDを入力する

 「safeTransferFrom」という入力フォームに、送り元(キャラを保有)となるアカウントのアドレス、送りたいアカウントのアドレス、送りたいキャラのIDを入力しましょう。なお、キャラのIDとは2枚目の画像で表示されているID(オレンジ色の枠)のことです。

 入力が完了したら、左下の「Write」を選択しましょう。ガス代を払って完了です。少し待っていればキャラクターの移動が反映されます。

 なお、注意点として何かが間違っていれば異常に高いガス代(0.285程度)を要求されます。その時はキャンセルして、入力したアドレス等が合っているかを確認しましょう。



出典:BscScan



出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



武器の移動方法

 武器の移動方法も上のキャラの移動方法と同じです。ただキャラクターとはコントラクトアドレスが違うので注意してください。実際に移動させる際は間違えてキャラクターのコントラクトアドレスを選択しないようにしましょう。

「BscScan」を使います。コントラクトアドレスは念のため、公式サイト等で確認してください。

ポイント

 コントラクトアドレス:0x7e091b0a220356b157131c831258a9c98ac8031a
 リンクはここから → 「BscScan(武器)



戦闘の勝敗について

敵の戦闘力について

 敵の戦闘力は現在の自キャラと武器に応じて変化します。
 レベルが高ければ高いほど、武器の攻撃力が高ければ高いほど、敵は強くなりその分報酬が増えます。
 



キャラクター、武器、敵の属性について

 属性は互いに強い弱いがあります。属性の強弱は下の画像のとおり左からFire>Earth>Lightning>Water>Fireの順で循環しています。そして、弱点を突くことで戦闘時の勝敗計算(自キャラと敵の戦闘力の数値に影響します)。

 この属性の補正ですが、
 ①自キャラと武器の属性合致で+補正
 ②自キャラが敵の弱点を突くと+補正
 ③自キャラが敵に弱点を突かれると-補正がかかります。
 また、上記補正は同じボーナス内で計算し、補正値はどれも等しく「0.075」です(1を基準とし、条件を満たすと足し引きされる)。

 つまり、補正の強さ順は下記のとおりとなります。
 1.①、②を満たす=1.15倍。
 2.①、②のどちらかを満たす=1.075倍。
 3.①、②、③のどれも満たさない、もしくは①、③を満たす=1倍。
 4.③のみを満たす=0.925倍。

左からFire>Earth>Lightning>Water>Fireの順で循環。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



武器の性能は良い、弱点は突いた。それでも負けるのはなぜ?

 戦闘の勝敗を決める自キャラと敵の数値ですが、上記属性等のボーナスを補正して、最終的に出た数値にどちらも±10%の範囲(0.9~1.1倍)で補正がかかります。

 つまり、弱点を突いたとしても補正が、自キャラ(0.9倍)で敵(1.1倍)の補正を引くと負けることもあるのです。逆に言えば、弱点を突かれたとしても自キャラ(1.1倍)で敵(0.9倍)だと勝てることもあります。



「Very like victory」なのに負けてしまうのはなぜ?

 この表示ですが、下記まとめの補正を考慮した上で(最後のランダム補正は含まれていないかもしれません)80%以上の勝率であれば「Very like victory」と表示しているようです(検証はしていないので推測です)。
 
 あくまでおよその%のため厳密には違いますが、弱点を突くとexp~29くらいまででほぼ100%、30~31くらいで90%代、それ以降は80%代になる。ここから敵と同属性なら10%、敵に弱点を突かれたら20%引かれるぐらいのイメージで戦うといいと思います。

 ただ、手間でなければ勝率計算ツールを使うのが一番確実でしょう。

勝率計算ツール


 

まとめ(実際の計算式)

敵の戦闘力の計算方法

①武器ステータス(INT等)の合計×0.0025倍+1
②自キャラの戦闘力に①の数値を掛ける
③武器にボーナス(LB等)があればそれを足す
→この算出された値の0.9~1.1倍の範囲で敵4体の戦闘力が決定され、戦闘画面に表示されている

自キャラの戦闘力の計算方法(補正は2回かかる)

○1つ目の補正(武器のステータス)
①敵キャラと同様の計算だが武器ステータス(INT等)の合計ではなく、それぞれのステータス毎に下記計算を行う
・ステータス(INT等)とキャラ属性が一致していない=0.0025倍
・ステータスがPWR=0.002575倍
・ステータスとキャラ属性が一致=0.002675倍
→上記計算で出た数値に+1する
②自キャラの戦闘力に①の数値を掛ける
③武器にボーナス(LB等)があればそれを足す

○2つ目の補正(属性)
①自キャラと武器の属性が一致=+0.075
②自キャラが敵の弱点を突く(例:雷→水)=+0.075
③自キャラが敵に弱点を突かれる(例:水←雷)=-0.075
→上記をすべて合算し、+1する。この数値に上の○1つ目の補正で出した値を掛けると自キャラの戦闘力になる

最終的な敵と自キャラの戦闘力

上で算出した値(敵の戦闘力は自分が戦闘画面で選んだ数値)に0.9~1.1がランダムで掛けられるので、自分が0.9倍、相手が1.1倍だと弱点を突いても負ける場合がある
→戦闘画面で選んだ敵の数値はそのままではなく、0.9~1.1倍の範囲で変動する



戦いたい敵リストの変更方法について

 敵が一度リストアップされると変更できないと思われがちですが、現在下記3つの方法で戦いたい敵のリストを変更可能です。

変更方法について

・武器を変更する。
・キャラクターをレベルアップする(たまにできない?)。
・戦闘画面の更新を待つ(概ね1時間ごと)



戦闘報酬の計算方法について

報酬の計算機能

 以前はなかったのですがアップデートで報酬の計算機能が追加されました。「Combat」画面で「Earnings Calculator」を選択することで使用できます。
 BNBやSKILLの価格、キャラクターと武器の性能等を入力することで、1勝したときの報酬等色々と確認することができるようになりました。

キャラと武器を選択すると数値は自動入力されます。
出典:CryptoBlades | Riveted Games LLC



実際の計算式

戦闘報酬の計算式

現在のSKIKL報酬のベース値等は先ほどの報酬計算機能における?マークから確認できます。また、実際には端数の都合で多少変わります。
①戦闘画面で表示されている敵戦闘力を1000で割る。
②次に①の値の平方根を求める。
③次に②の値に、SKILL報酬のベース値(画像右の赤箇所)を掛ける。
④最後に③で出した値にガス代の補償値(gas offset 画像左の数値)を+すると、およその報酬が分かる。

計算式:payout=gasOffset+(baseline∗√(enemyPower/1000))

過去の補正値。現在はSKILL価格の変動もあり、補正値は変更されています。
出典:Combat Rewards | Cryptoblades WIKI



スタミナの一括戦闘について

 戦闘について、前までは40スタミナ毎にしか戦えなかったのですが現在はスタミナを自分で選択して一括戦闘ができます。
 たまにどちらかが得なのかという話になりますが、ガス代を考慮すると一括戦闘した方が基本的には得です。これは上記のガス代補償値(gas offset)によって差が出ているのでSKILLが多く欲しいのであれば40スタミナ毎の戦闘を行えばよいでしょう。



戦闘時のガス代について

 戦闘時のガス代として必要なBNBは0.0025BNBと表示されますが、実際に使用されるBNBはもっと少ないです。Txの履歴を見ることで確認できますが、だいたい0.0008BNBぐらいだと思われます。



武器の性能について

 武器ですが、武器の属性とその武器のステータス属性(INT等)等が一致している武器はピュアと呼ばれているそうです。このピュアの武器とそれ以外のどちらがいいのかというと同じ性能であればピュアがいいです。

 ただ、現在基本的に見るべきポイントはピュアかどうかではなく、その武器のスタッツです(DEX+398等。スタッツとステータスで表記揺れしていますが同じものを指しています)。ピュアがいいとされているのは、DEX等の要素がキャラ属性と一致していると戦闘時に補正が入るからです(上記で述べたとおり)。
 
 そのためピュアかつ高スタッツが望ましいですが、どちらか選べと言われれば報酬面も踏まえて高スタッツを優先した方がいいでしょう。
 例えば上記勝敗計算で述べたとおり、スタッツの最大値+400のとき、スタッツ属性がキャラの属性と一致していないときは100%、一致しているときは107%です。仮に星5ですべて同属性だとしても、一致していない場合と比較すると差は21%です(321%と300%)。この差をどのように考えますかという話になります。

 現在はスタミナ一括戦闘が可能となり、勝率をより自分でコントロールしやすくなったので個人的にはより高スタッツ武器の価値が高まったと感じています。今後、レイドバトルやPvP等により判断基準は逆転するかもしれませんが、基本的に高スタッツ優先でいいと思っています。

 また、ゲームの機能として武器性能を分かりやすく確認する機能があり、キャラを選択した状態で武器を確認すると、横に%が表示されるのでその合計%の高い方が報酬面も考慮して武器として優れています(あくまで目安です)。
 また、手間でなければ下記記載の勝率計算ツールとゲーム内の報酬計算機能を併用すれば、その武器の価値がどれぐらいかより実感できると思います。


 

Discordについて(マーケット売買したい人必見)

 CryptoBladesですがDIscordに多くの人が集まり、賑わっています。
 特にキャラや武器のトレード関連は、専用のチャットがあってそこで盛んに取引が行われています(このキャラいくらで売ってるよ、買うよなど)。
 キャラの取引等行いたい人は入っておいて損はないんじゃないかなと思います。

 日本人サーバーもあるので併せて載せておきますね。

CryptoBlades(公式サーバー)
CryptoBlades(日本人サーバー)



その他便利なツールやサイト等まとめ

一覧

公式サイト
Cryptoblades WIKI (Cryptobladesの公式wikiです。この記事の情報はほとんどここに基づいています。英語ですが自動翻訳等を使えば問題ないでしょう)
CryptoBlades FAQ(海外有志によるFAQ。ちなみに投げ銭ウォレット付きです)
Combat Calculator(勝率計算ツール。敵の数値等を入力すると勝率を表示してくれます。少し手間ですが確実に勝ちたいときにおすすめ)



おまけ(編集中)

 おまけとして、「Riveted Games LLC」と「Cryptoblades Kingdom」、Cryptoblades爆上げの歴史を記載しておきます。これらはしっかりとした裏付けを取っているわけではなく、爆上げの歴史も自分の記憶を元に書いているので、あくまでもおまけとして楽しんでください。



Riveted Games LLCとは

 「Riveted Games LLC」は2014年に設立されたゲーム会社です。ゲームの賞の受賞歴も何度かあるそうです。
 調べたところ下記2つのゲームで賞を受賞しているようでした。実際にSteamで購入も可能です。

 ・Lightspeed Frontier
 ・Nations At War Digital Core Game(このゲームを開発した上でDLCである「Nations At War Digital: White Star Rising」が特に高い評価を得て受賞した?)

 参考:CryptoBlades_PitchDeck



CryptoBlades Kingdomsとは

 新たに「CryptoBlades Kingdoms」というゲームが発表されて話題になりました。
 このキングダムですが1000×1000の広大なマップが用意されています。マップ上にはプレイヤーが所有できるランド(土地)も含まれているそうで、PvP、PvE、ダンジョンにレイドやギルドなど様々な要素が盛り込まれる予定です。また、クリブレのキャラクターやゲーム内トークンであるSKILLなどが引継がれるそうです。

 ちなみに自分もこのキングダムのことを聞いてクリブレを始めました。あまりSKILL価格の下落を気にしていないのもこれが理由です。クリブレを続けるモチベはキングダムから来ているので、キングダムのプロジェクトが頓挫したらクリブレをやめてしまうかもしれません。

 この前実施されたキングダムにおけるランドプレゼントの応募も多かったようなので、注目度が高いプロジェクトです。

 キングダムの詳細については下記を参照してください。
 CryptoBlades Kingdoms — a Seedify.fund Exclusive Incubation



さいごに

 以上、CryptoBladesの簡単なまとめ記事でした。頻繁に入る修正で書くことや変更点が多すぎて一向に公開できないので一旦暫定で公開しています。よくある質問なども含めて随時更新予定です。

 最初に書いた通り、 トークンやNFT暴落のリスクがありますので始める前にしっかりと公式情報なども確認しましょう。 自分で色々と調べて始めてもいいかなと思ったら始める。お金も絡むのでそれぐらい慎重になってもいいと思います。

 なお、これに限らずですが投資はすべて自己責任でお願いします。併せて、余裕資金での運用を推奨します。
 また、一度は公式の説明を確認しておきましょう。



-GameFi, ゲーム, ライフハック, 仮想通貨・暗号資産
-,